買う

2019/05/25

顔の見えるお付き合いを大切にしている創業90年の酒屋「和楽」

他では取り揃えていないものもずらりと並ぶ、三島で見つけた本気の酒屋

三島広小路駅から徒歩3分の場所に、「和楽」というお店があります。ホテルジーハイブの前の通りをずーっと三島駅とは逆の方向に10分弱ほど歩くと、右斜め向かい側に見えるので、お散歩しながら行くのもいいかもしれません。
 
お店の中にはずらりとお酒が並んでいます。静岡の日本酒はこの棚に置かれています。

「開運」というお酒は、お正月やお祝い事の席でプレゼントにしてもっていくのもよさそうですよね。
 
静岡県は水の綺麗な土地なので、日本酒の種類は豊富にあります。ただ、焼酎はそれほどないと店員さんに教えてもらいました。

日本酒に詳しくない方でも「獺祭(だっさい)」は、聞いたことがあるという方は多いかもしれません。それほど知名度の高い「獺祭」も取り扱っています。
「獺祭 磨き二割三分」「獺祭 磨き その先へ」など、獺祭の⾼品質なものを取り揃えているので、日本酒好きにはたまらない棚です。
 
その他にも人気なのが、

青森県の「八仙」シリーズ。
ピンクのラベルはフルーティで、女性からも評判が高い日本酒です。

ホテルに帰って女子会のおともにも良さそうです。

そしてお土産でオススメなのが、静岡のお酒で人気が高い「志太泉」と「白隠正宗」。
静岡県で昔から作られていた歴史のあるお酒で、旅行で来られたお客さんがよく買われるそうです。
 
実際、私が取材をしていた時も、ご夫婦で来店され白と黒の白隠正宗を二本買われていきました。

そしてこちらが、焼酎コーナー。
日本酒と同じく焼酎の種類も豊富にあります。
 
その中でも特に注目してほしいお酒がこちら!

「刀 飛焼 SAMURAI SWORD」です。2019年と2020年の2年間限定の復刻版の芋焼酎。
 
2020年に行われるオリンピックに向けたインバウンド商品ですが、だからといって外国人向けの味に作られているわけではありません。
 
もともと飛行機のファーストクラスで振舞われていたお酒なので、日本人でも知っている人は知っている焼酎好きにはたまらない焼酎です。正規ルートで置かれているお店は、ほとんどないそうです。

次に見てほしいのが、刀焼酎の隣にある数字が書かれた芋焼酎。24や70と書かれているのがわかりますか?
 
この数字は間接加熱蒸留器で作ったものが何パーセント入っているかということを表しています。
つまり、パーセンテージが高いほど、その味は濃厚ということです。

こちらは黒瀬。焼き芋焼酎で甘みが強く、鹿児島以外の飲み屋さんでは中々お目にかからない焼酎です。

和楽の名前に込めた「食楽」を理念に置いており、飲食を中心とした楽しさの提案をしてくれるお店です。お土産に買ったり、ホテルで夜に飲む用に買ったり、 色々なシーンで訪れたくなるお店です。
 
店員さんに話しかけると、お酒のことを色々教えてくれますので、ぜひ一度、立ち寄ってみてください。

店名 和楽
住所 〒411-0847
静岡県三島市西本町1-2
電話番号 055-975-1230
営業時間 9:00〜19:00
※電話受付は17:00まで
定休日 日曜日
公式ホームページ http://www.waraku-izu.com/

掲載情報は2019年05月25日配信時のものとなります。
掲載時と内容が異なる場合がありますので、詳細は直接お問い合わせください。

この記事に関連するタグ

Back top