観る

食べる

昼遊び

2019/03/10

佐野美術館 歴女、刀剣女子に大人気! 三島の美術館 観光 刀 刀剣

2か月ごとに展示が変わる歴史ある佐野美術館

佐野美術館は、昭和41年11月に三島市にできた私立美術館。

三島駅からは電車やバスを使っても行けますが、歩いても20分弱ぐらいなので天気のいい日は三島の街を見ながら歩いてもいいかもしれません。

※TOP画像は「日本武尊 三代永徳齋作 紙鳶洞コレクション」

佐野美術館の展覧会は大体2か月に1回内容が変わります。
 
取材に行った日は、「名工・永徳齋の人形―旧安田楠雄家の節句飾りと紙鳶洞コレクション」の初日でした。
大体、この時季は人形の展示になることが多いそうです。

※上の画像は「桃太郎と従者 二代永徳齋作 紙鳶洞コレクション」
※下の画像は「鐘馗 二代永徳齋作 紙鳶洞コレクション」

ひな人形も永徳齋名代の名作が色々と飾られていましたが、それ以外にも上の二つの写真のように今にも動き出しそうな歴史上の人物や昔話を題材にした人形も飾られており、子どもから大人まで楽しむことができます。
(「名工・永徳齋の人形」の展覧会は4月7日まで)
 
常設展示室では、仏像と刀剣が飾られていました。

刀剣の展覧会は例年冬頃に行われており、次回は2020年1月7日からだそうです。
ただ、常設展示室では「英雄たちの愛刀」をテーマにいくつかの刀剣が飾られていて、写真の刀剣がそのうちの一つ。上杉謙信ゆかりの作品です。

常設展示室は、年に4回程度の展示替えがあります。刀剣展が開催されている時には、刀剣以外の収蔵品が並んでいるそうです。

その他にも、体験型のイベントやギャラリートークなどもありますので、HPをチェックしてみるといいかもしれません。

外に出ると、佐野美術館の庭園があります。

四季折々の景色を見せてくれる回遊式日本庭園ですが、散策をしていると庭園を歩いているカモたちと遭遇することも。

庭園の中には、日本家屋「隆泉苑」があります。
通常非公開ですが、美術館のイベントで会場になることが他、敷地内のお食事処「松韻」より、お食事の予約をすることも可能です。

展覧会鑑賞後には、敷地内のお店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

お食事処「松韻」。
 
庭を見ながら食事をすることができます。

コース料理もありますが、単品での注文もOKです。

価格としては1000円から~2000円ぐらいで注文することができます。
 
ただ、土日は予約で席が埋まっていることがほとんどなので、事前に一度電話をしていただけると嬉しいと、おっしゃっていました。
 
平日の昼間は比較的入りやすいそうなのですが、それでも「これからは入れますか?」と確認の電話をした方が安全かもしれません。

お食事処「松韻」の隣にあるのが、このせせらぎ亭。
 
こちらは、隆泉苑と同じくコース料理しか取り扱っていない要予約のお店です。

お庭が別にあって、ちょっとした散策もできます。
 
そして、道路を挟んで向かい側の佐野美術館の敷地内にはミシマバイカモが咲いていました。

「三島梅花藻の里」と呼ばれる場所で、
今はまだそんなに小さな白い花は咲いていませんが、これから6月にかけて見頃になっていくそうです。
 
美術館の敷地にはこの他に御菓子処があり、そのお店の中でも食べることができます。もちろん、和菓子や洋菓子のお土産も買うことができますので、ふらっと立ち寄ってみてもいいかもしれません。

庭園の梅の花は、そろそろ終わりを迎えますが、
例年3月中旬から後半にかけてはしだれ桜も満開になり、庭園をさらに彩ってくれます。
 
三島に咲く花を見ながら、美術館に出かけてみませんか?

施設名 公益財団法人 佐野美術館
住所 〒411-0838
静岡県三島市中田町1-43
電話番号 055-975-7278
開館時間 10:00〜17:00(入館受付は16:30まで)
入館料 入館料は展覧会によって異なります
休館日 木曜日(祝日の場合は開館)、年末年始、展示替期間など
公式ホームページ http://www.sanobi.or.jp/
店名 お食事処 松韻
住所 〒411-0838
静岡県三島市中田町1-16
電話番号 0120-08-2678
携帯電話からの場合 055-973-2678
営業時間 10:00~22:00
定休日 木曜日
公式ホームページ http://www.showin.jp/index.html

※せせらぎ亭、隆泉苑での会食コースはこちらのHPから確認することができます

掲載情報は2019年03月10日配信時のものとなります。
掲載時と内容が異なる場合がありますので、詳細は直接お問い合わせください。

この記事に関連するタグ

Back top